Ich bin in オーストリア

こんばんは!tsukusanですき

 

Bach zimmer のさらに横の部屋Docomo107

これドアだったの?0口0

という入り口から入るとそこにもピアノがゆう★

 

ベーゼンドルファーの推定1850年くらいのピアノですピアノ

 

iPhoneImage.png

 

1800年くらい製造のUPもありますゆう★

下の写真はパネルを外しております筋肉

この2台も撮影&録音のために徹夜で修理と調整をしましたonpu03

何回ピアノの椅子に座っていて気付いたら朝だったか覚えていませんエリザベス

とにかく楽しくて一度どかんと疲労がきましたが、基本的には寝不足でも元気でしためがねき

 

iPhoneImage.png

 

下の2枚も調律師さんが見たらテンション上がりますDocomo107

今のアクション(音が出るからくり部分)とは少しずつ構造が違いますひらめき

ただこれでもこの山荘の中では現代ピアノゆう★

 

ちなみに上の2枚のピアノのアクションは現代ピアノとは構造が全く違い、かなり苦労しました_| ̄|○

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

 


パルテノン多摩!

こんにちは!tsukusanですき

 

多摩センター駅近くのホール、

パルテノン多摩の小ホールで調律してきましたエクステンション

 

多摩市にお住まいのピアノの先生主催の発表会の調律ですピアノ

今回出演されたのは24人くらいだったかなエリザベス

人気の先生ですひらめき

 

DSCF3905.JPG

 

ピアノはスタインウェイD型(フルコンサートグランド)矢印上

客席も300席くらいと、発表会にぴったりですonpu03

もちろんコンサートにもちょうど良いですねおかお(幸せ)

 

最初試しに弾いてみたら、

カランカランカラン・・・めがね

 

めがね?

なななんとピアノの中に鉛筆が入っていましたゆう★

こんな事もあるんですね〜0口0

調律が入っていなかった期間はずっとカランカラン鳴ってたかもですね_| ̄|○

たまたま大丈夫でしたが、変な所に引っ掛かって部品が折れたりしなくてよかったなと思いますめがね汗

 

DSCF3900.JPG

 

発表会の途中では講師演奏としてヴァイオリンの方との演奏が入ります手

クライスラー2曲き

リハーサルの様子を客席から撮りましためがねき

 

最後にはピアノソロの講師演奏でラフマニノフですピアノ

生徒さんにとっては嬉しいですねゆう★

 

DSCF3902.JPG

 

演奏後、生徒さんにはこの花束がプレゼントされるそうですハート

 

DSCF3907.JPG

 

JUGEMテーマ:調律


Ich bin in オーストリア

こんばんは!tsukusanですき

 

今日は写真無しですDocomo107

このブログ゙の「Ich bin in オーストリア」シリーズを読んでくださっているお客様から、

「マスタークラスの間は毎日どんなタイムスケジュールで過ごしてるんですか?」というご質問を頂きましたDocomo107

 

お答えしますめがねき

 

朝起床して自由時間(散歩でも楽器の練習でもOK)

 

9:00 参加者みんなで朝ごはん

 

朝食後、自由時間(みなさん楽器の練習)または大井美佳先生(通訳)の予備レッスン

 

13:30 デームス氏も一緒にお昼ごはん

 

15:00 公開レッスンスタート

 

19:30 参加者みんなで夜ごはん

 

その後自由時間

 

就寝

 

・・・毎年どうかはわかりませんが、

今回はこんな感じでしたエリザベス

これが毎日続きますエクステンション

土日だからといってお休みにはなりませんゆう★

 

音楽漬けの毎日ピアノ

普段日本で生活していると気付けない発見がたくさんあるそうですひらめき

短期間でもこういう生活を送っていると、散歩の良さがわかる気がしますめがね

 


ペトロフ調律!

こんばんは!tsukusanですき

 

先日伺ったペトロフUPの調律ですDocomo107

ペトロフの創業者はエアバーかどこかのオーストリアのピアノ工場で

楽器制作を学んでいたような記憶がありますめがね

 

DSCF3868.JPG

 

なんとなく弾き心地と音が硬いな〜という印象を受けたので、

鍵盤の下のフェルト(正式にはフロントパンチングクロス)を別のものに取り換えました手

弾き心地や音色に関しては、ハンマーそのものの硬さのせいで硬く感じることもあるのですが、

この場合は単にハンマーに針を刺すよりも、このフェルトを交換したうえで針をさした方が良い結果が出そうだったので(というかサンプルで試したら良い結果だったので)、この判断ですひらめき

 

ハンマーに針を刺したり削ったりする事を整音と呼びますめがね

針を刺す=音を柔らかくするというイメージが一般的ですが、

実際に針を刺す目的はハンマーに弾力(クッション)を作ることにありますめがねき

トランポリンで高く飛び上がるには、全身を固めるよりもヒザの屈伸を使って体全体をバネのようにした方が良いのと原理は一緒です筋肉

音を柔らかくする整音ではなく、音を出す整音って感じでしょうかひらめき

音色がモコモコになってしまっていても、針を刺すことによってパーンという音にする事も出来るんです矢印上

基本的には音を抑えるよりは出す方向で整音はやるものなので、

「音が硬い→整音で柔らかく」

よりは

「音が硬い→鍵盤の下のフェルト交換→硬い成分が解決→音を出す方向で整音」

の方が今回は良かったわけです手

これらはケースバイケースなので、1台1台現場で判断しなければなりませんエリザベス

もちろん音が硬い原因が完全にハンマーにあるならば、整音で硬い成分を解決してあげることが必要ですめがね

 

さて、フェルトを交換すると鍵盤の深さを最初から調整しなければならないのですが、

音が良くなるに越したことはないのです矢印上

という事で鍵盤深さ調律(調律師用語で「あがき」)をやり直しましたエクステンション

鍵盤の深さは弾いていれば必ず変化するので、そんなに珍しい調整ではないですよ手

 

DSCF3869.JPG

 

左が元々ので、右が新しいものです星1

今回はレンナー社製に変えましたゆう★

もちろんドイツ製ピアノ

 

DSCF3870.JPG

 

DSCF3872.JPG

 

ペトロフの調律に伺うと必ず思うのですが、

赤と緑の使い方が絶妙で、普通外からは見えないピアノの中まで美しいんですゆう★

 

DSCF3873.JPG

 

どの角度から見てもオシャレな色づかいですねぴのこ:)

 

DSCF3874.JPG

 

甘〜い音色がちゃんと出たのでよかったですピアノ

 

DSCF3866.JPG


勉強会!

こんばんは!tsukusanですき

 

毎月恒例の技術勉強会の様子です矢印上

ピアノクリニックヨコヤマでは定期的に技術勉強会が開かれていますピアノ

調律中に発見した事などを共有し合ったりするわけですおかお(幸せ)

 

この日のテーマはダンパーが無いところ〜最高音部の調律エクステンション

と題して、横山も一緒に勉強会です手

 

ダンパーって何ぞやという方のために説明しますめがねき

 

DSCF3879.JPG

 

下の写真の弦の振動を止めているものがダンパーです星1

鍵盤を押すとその弦のダンパーが弦から離れる仕組みになっていますピアノ

ちなみに右のペダルを踏むとこれらが全部一斉に弦から離れますDocomo107

 

DSCF3884.JPG

 

弦が2本のダンパーはV字になっていますめがね

 

DSCF3885.JPG

 

高音へいくと弦が短くなり、音の減衰も早いのでダンパーが無くなりますエリザベス

ダンパーが無いという事は、他の音を鳴らした場合常に共振しているという事なので、

この部分の調律がうまくいっていると、全体の響きが格段によくなります筋肉

弾かないからといって調律しない調律師さんもいるという話を聞きますが、

それではいけませんゆう★

 

DSCF3883.JPG

 

DSCF3895.JPG

 

DSCF3887.JPG

 

順番に調律をしてはああだこうだ言いますゆう★

楽しい時間ですねonpu03

 

DSCF3893.JPG

 

最後にお店にあるCDから1枚選んでほんの少しだけ音楽鑑賞onpu03

このCDがなかなか絶品でした手

また後日紹介しますゆう★

tsukusanでしためがねびゅん

 

DSCF3896.JPG

 

JUGEMテーマ:調律


Ich bin in オーストリア

こんばんは!tsukusanですき

 

デームス氏の山荘にはいくつか部屋がありまして、

それぞれ名前がついていますピアノ

 

レッスンで使われる部屋はモーツァルトザールonpu03

 

下の写真の部屋はBach zimmerき

つまりバッハルームですひらめき

 

DSCF3439.JPG

 

上のベーゼンドルファーはこの山荘の中で1番印象に残ってますハート

とにかく音が伸びるゆう★

鍵盤を押すとどこまでも音が落ちないんですよエクステンション

す〜っと伸びていくあの感覚は忘れられないですゆう★

あ、もちろん調律次第では落ちてしまいますよ0口0

ちなみにこの楽器もウィーンメカニックです星1

 

奥に写っている金縁の楽器はこれまたウィーンの楽器手

Schweighoferonpu03

今はベーゼンドルファーが現存していますが、昔は数々の魅力的な楽器がウィーンで製造されていましためがね

エアバーやカールデュールなど、日本ではほとんど知られていないメーカーめがね

どのピアノにも共通したオーストリアの香りのようなものを感じます(勝手なイメージですよ)めがね汗

 

DSCF3438.JPG

 

 


夏休みの自由研究にピアノ!!

こんばんは!tsukusanですき

 

本日ヘスラーUPの調律に行ってまいりました筋肉

 

前回よりも楽器が歌うようになっていて、

これからがさらに楽しみになっちゃいますぴのこ:)

 

DSCF3736.JPG

 

前回伺った時がちょうど夏休みだったのですが、

夏休みの自由研究にピアノの調律のことなんかいかがですかというお話になりまして、

その作品を本日見せて頂けましたDocomo107

 

DSCF3727.JPG

 

表紙のお名前をチューニングハンマーで隠しておりますDocomo107

木目のピアノなので、ピアノの色が茶色に塗られていますピアノ

中身はこんな感じ↓↓ゆう★

 

DSCF3728.JPG

 

お〜エクステンション

 

DSCF3730.JPG

 

ほっほ〜き

 

DSCF3732.JPG

 

なるほど〜めがねき

 

DSCF3733.JPG

 

これはこれはゆう★

 

DSCF3735.JPG

 

素晴らしい仕上がりですね手

先生たちからも大変好評だったようですonpu03

tsukusanも嬉しいですよめがね矢印上

 

ピアノとは全く関係ありませんが、

tsukusanは小学生の時に「全国都道府県民の日調べDocomo107」と題して、

各都道府県の知事宛てにプリクラを貼った往復ハガキを送った事を思い出しましたDocomo107

大量の資料とお手紙が返ってきたり、

何県かの知事からは直接電話があったりと、今思えば驚きですよねエリザベス

 

調律中の写真は自由に撮って頂いて構いませんし、

我が家でも今度の夏休みの自由研究のテーマはピアノ調律にしたいひらめきという方は、

調律の際に是非ご相談くださいエクステンション

 

DSCF3739.JPG

 

 


Ich bin in オーストリア

こんばんは!tsukusanですき

 

実は今回のサマーセミナーの間に、ビデオレコーディングがありましたonpu03

 

数々の歴史的な楽器でデームス氏の演奏の撮影が行われましたピアノ

この映像は発売されるのでしょうか・・・エリザベス

 

DSCF3381.JPG

 

このピアノはウィーンの楽器でシュトライヒャーですピアノ

ベートーヴェンやシューベルトが愛したメーカーですねゆう★

以前はナネッテも持っていたらしいです矢印上(これは完全に調律師さんにしかわからないかもです汗

調律師さんが見たらテンション上がる事間違いなしです筋肉

アクションはもちろんウィーンメカニックき

どの楽器にも共通して言えることですが、

当時の楽器製作者の意図をしっかりと理解しなければいけませんめがね

時代を超えて製作者と会話する感じですめがねき

これがまたなんとも魅力のあるピアノなんですよぴのこ:)

もう残響というか響きなんて今のどの楽器よりも長く音が残ってくれますゆう★

こういう楽器で弾くと、この作曲家だからペダルは使わないなんて事は現代のピアノを家で弾く場合にはまずありえないように感じますゆう★

 

DSCF3383.JPG

 

シュトライヒャー一族は楽器の発展に大きく貢献したため、

ウィーンの共同墓地の中でも作曲家たちに近い場所にお墓がありますめがね

 

iPhoneImage.png

 

このUPも苦労したな〜0口0

 

DSCF3364.JPG

 

天気が良かったので、録音技師さんは外でマスタリング(正式名称はわかりません)をしますおかお(幸せ)

この方はとても健康志向で必ず朝10分裸足で散歩するDocomo107

朝ごはんは必ずこれを食べるDocomo107

などの日課がありますエリザベス

彼もピアノコレクターで自宅に13台くらいピアノがあるそうです0口0

ヨーロッパにはこういう人が多いのでしょうかピアノ

 

DSCF3387.JPG

 

 


急遽決定!齋藤龍さんミニコンサート(公開ゲネプロ)!

こんばんは!tsukusanですき

 

ななななんとDocomo107

明日2月19日(日)16時エクステンション

当店音楽教室にてゆう★

人気ピアニスト!齋藤龍さんの公開ゲネプロ(無料)が急遽決定いたしました〜ゆう★

ゲネプロとは本番さながらに最初から最後まで演奏する最終リハーサルの事を言いますめがねき

このブログをご覧になって、

明日の予定が空いていましたら、

そんな方は幸運の持ち主です手

 

コンサートホールと違って間近で聴けるのも魅力ですゆう★

 

曲目はオールシューベルトピアノ

 

即興曲Op142

ピアノソナタD460

 

です矢印上

お待ちしておりますぴのこ:)

 

 

■斎藤龍 公開ゲネプロ

日時:2017年2月19日(日)16時開演(15時半開場)

会場:ピアノクリニックヨコヤマ修理工房 ・リシュモア音楽教室1F

横浜市旭区柏町96-6

(相鉄いずみ野線 南万騎が原駅より徒歩4分)

 

入場料:無料(ご予約不要)

 

使用ピアノ:スタインウェイ フルコンサートグランドピアノ

 

この公開ゲネプロの本番はこちらですonpu03

 

16473016_1484329324913205_4916868020075341617_n.jpg

 

------------------------------------------------------------------

ちなみに・・・

ピアノクリニックヨコヤマが今年開催するコンサート、イベント情報は

当店WEBで公開しております。

突然現れるイベントもありますので、たまに見にいらしてください♪

 

ピアノクリニックヨコヤマWEB 

 

ピアノクリニックヨコヤマ コンサート・イベント情報

 

 

JUGEMテーマ:ピアノ


Ich bin in オーストリア

こんばんは!tsukusanですき

 

デームス氏の山荘の外観ですDocomo107

と言っても遠くからの写真ですめがね

山荘からさらに山を登ったところから撮りましたひらめき

 

DSCF3368.JPG

 

黄色い建物がレッスン室のある山荘で、

左のはリッキーが弾いていた小屋です手

 

DSCF3369.JPG

 

いや〜絶景ですねゆう★

 

DSCF3370.JPG

 

雄大な自然が広がっています手

後ろを振り向くと牛さんもゆう★

 

DSCF3371.JPG

 

ここで生活したら目が良くなりそうですめがねき

 

DSCF3374.JPG

 

景色がキレイなので、天気が良い日は外に出てみんなで風景を楽しみますぴのこ:)

夏の間は明るい時間がすごく長く、夜の20時くらいでもこっちの夕方くらい明るいんですエリザベス

ヨーロッパは冬になると明るい時間が極端に短くり気分が落ちやすくなるそうで、

そのためクリスマスマーケットなどを2か月以上前から準備して派手にやるらしいですにじ

 

DSCF3424.JPG