<< 現在、当店調律師 塩田が関西方面出張中です! | main |

今世紀初の特注Bluthner(ブリュートナー)フルコンサートグランド!!

JUGEMテーマ:ピアノ

 

昨年夏ごろだったでしょうか。

代表の横山ペテロが、Bluthner モデル1 フルコンサートグランド

の発注をしたとき、ブリュートナー社長は言いました。

 

「Bluthnerフルコンサートグランドの、ウォルナットの、しかも艶消しは

我々にとって初めての挑戦だ!!!」

 

創業150年以上になるわけですから、創業以来初かどうかは定かではありません。

けれども、少なくとも今世紀初となるのは間違いないようです。

 

一応、今年8月到着予定ではありましたが、

なんとなく8月完成は厳しそうな模様・・・

 

一番奥が、シーズニング中のモデル1です。

自然の環境の中でねかせて、木が自然に変化してくれるのをただひたすら待つのです。

 

 

ここまでくるのに、何か月かかったことか。

バラバラだった木材が、こんな風にピアノの形になって・・・

 

 

だんだんと、見覚えのある形になっていき・・・

 

 

でもズームアップしてみると、

内リム、響板、柱などを貼り合わせた端は、木材がはみ出てでこぼこ。

 

 

ムキムキマッチョのピアノ技術者たちが3人掛かりで

汗吹き出しながら、渾身の力で、端を綺麗に仕上げているところです。

 

 

実は、右側の緑の機械には、回転している刃物がついています。

大きな台の上で、ピアノ本体を3人で滑らせながら、

回転している刃物で端をそぎ落としていきます。

ものすごい力が必要なだけでなく、非常に危険な作業です。

 

 

ほらこのとおり!ツルツルに仕上がりました。

これで外リムをつけられます。

 

 

 

思い起こせば、モデル10がはじめて入荷したとき、その響きのすばらしさに、

感動で胸が打ち震えました。

 

モデル6が初めて入荷したとき、信じ難いほどの極上の響きと

豊かな音色の変化に、ここは天国かと思いました。

 

モデル4が初めて入荷したとき、あまりの驚きで声も出ませんでした。

もはやピアノではなく、オーケストラでした。

響き、音色、その全てが「ピアノ」を超えていました。

 

フルコンサートグランドというのは、どのメーカーもそうだと思いますが

そのメーカーの全てが凝縮された、最高のモデルです。

 

いままで以上の感動、今まで以上の、宇宙スケールの感動が存在するとしたら、

それは、どんな度肝を抜くような音色なのでしょうか。。。

 

指折り数えて、を待つ日々です。

(グランドピアノは、男性名詞だそうです。

でもアップライトピアノは、女性じゃなく、中性名詞だそうです・・・

ドイツ語ハードル高っ!!)

 

ピアノクリニックヨコヤマWEB


カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
検索ワードを入力
カテゴリー
リンク
スタッフ紹介
つぶやいてます
Twitterボタン
モバイル
qrcode
直近のブログ
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM