<< 調律師が主人公♪ | main | 〜神さまは五線譜の隙間に〜 >>

UPの高さについて!

こんばんは!tsukusanですき

 

横浜は大変暖かい1日でしたにじ

 

今日は小さいお子さんが弾くカワイUPの納品調律ピアノ

写真を撮り忘れてしまいましたが、カワイのKL・Kiシリーズですピアノ

当店では国産ピアノの中ではダントツ1番人気でその理由はオシャレな見た目だけではなく「音」にありますき

UPは背が高い方が弦も長いし響板の面積も広いので音も良く、背が低いピアノだと当然弦は短いので音も良くないと言われていて、インターネットで調べてもこう書いてありますし、他のお店に行っても同じような事を言われると思います・・・がエクステンション

実際には背が低い方がメロディーラインから上の音域(右手で弾く大事な音域)でよく歌ってくれるんですよひらめき

 

理由を説明しますDocomo107

 

グランドピアノを上から見ると、どんなに大きなサイズのものでも高音に行くに従って響板とボディの面積が狭くなっていますピアノ

これは周波数(音程)が高くなればなるほど、狭い面積の空間でないと振動が持続しないからなんですめがね

UPの場合、除響板というものを使って響板の面積は減らせても、ボディの形をグランドピアノみたいにする事によって面積を減らすわけにはいかないですよね_| ̄|○

つまり背が低い方が高音の振動が持続する=高音の音が伸びるって事になりますゆう★

もちろん背が高いピアノの弦の長さからくる低音と中音の量感は、どうしても背が低いピアノからは出ないので、これもまた魅力ですハート

あとはどんな曲を好んでお弾きになるかですねにじ

 

何が言いたいかといいますと、UPのサイズにはそれぞれの良さがあって

「背が低いから音が良くない」っていうのは間違いってことですエクステンション

 

大事な事を書き忘れていました汗

ヨーロッパ製のUPの場合には、「こんなに背が低い楽器のどこから日本製グランド以上の低音が出ているんだろう」というメーカーもありますし、背が高いからといってメロディーラインが歌わないなんてこともありませんDocomo107

これは文字で説明するより是非弾いて頂きたいですね手

 

今日のカワイUPですが、

加湿器も置いてくださっていて大変良い状態でした矢印上

 

作業内容は、

掃除・レットオフ・ロス・ナラシ・アガキ・ハンマーストップ・ヴォイシング・チューニング

って感じです手

・・・文字にするとラーメン次郎の注文みたいになりましたねエリザベス

掃除以外は調律師用語ですめがねき

それぞれの説明はまた今度にしますエクステンション

 

かなり前ですが、調律の時に「タッチ軽め響き増し増し」って次郎風に注文される夢を見たことがあります_| ̄|○

 

本日調律後に素敵なプレゼントを頂きましたぴのこ:)

ありがとうございますonpu03

tsukusanでした〜めがねき

 

DSCF3716.JPG

 


カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
検索ワードを入力
カテゴリー
リンク
スタッフ紹介
つぶやいてます
Twitterボタン
モバイル
qrcode
直近のブログ
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM