<< ピアニスト ヨーコ・キクチさんのCD制作プロジェクト!! | main | ♪リシュモア音楽教室こどもの発表会♪ >>

調律をドイツ語で・・・

こんばんは!tsukusanですき

お久しぶりですエクステンション

 

さて、先日調律をしていましたら、

「ホントに人が歌ってるみたいに聴こえますね〜」という言葉を頂きましたピアノ

 

ピアノ本来の声を引き出す西洋伝統の調律をモットーにしているため、大変嬉しいお言葉ですめがねき

 

一般的に「調律」と呼ばれる作業は、大きく3種類に分ける事ができますピアノ

…肝⇒弦の張力(音程など)を調整する作業。

∪按⇒メカニック部分(主にタッチ)の調整をする作業。

整音⇒ハンマーフェルトに針をさすなど(主に音色)の調整をする作業。

 

これらの作業、文字で読むとすごく真面目というかきちっとしたイメージを持ちますね・・・めがね汗

もちろん普段から真面目にきちっと仕事はしておりますエリザベス

ですが、とてもこれらの作業からピアノの声が引き出されるのだろうかという印象を持ってしまいます0口0

 

しかし、これらの作業をドイツ語にすると・・・

stimmen

regulieren

intonieren

になりますめがねき

 

△歪汗阿垢襪箸いΠ嫐でほぼ直訳なのですが、

,stimmen⇒「調律する」という単語、この言葉の名詞形 die stimme は「声」を意味します星1

また、のintonierenは「歌い始める」といった表現をする際に使われたりもします。なんとなく英語のイントネーションにも似ている気もします。英語でも整音はvoicing(voice=声を与える)と言われていますゆう★

 

これらを見ると、調律(stimmen)中に人の声が聴こえると言われるのもわかる気がしますねゆう★

 

色々なピアノ曲を聴いていると、曲によってはオーケストラが聴こえたり、オルガン、チェンバロ、室内楽、時によってはあたかも歌詞が付いていて男性と女性が掛け合いで歌っているように感じる事がたくさんありますonpu03

これらの楽器も全部、人の声の代わりとして生まれたのかな〜と想像してみると、ピアノの調整も「声・発声」に関する言葉が使われているのもうなずけますし、演奏する際のタッチによって「音色を変える=発声を変える」、と言われているのもよくわかりますめがねき

 

今日はアーメリングのシューベルトでも聴きながら寝るとしますゆう★

tsukusanでした黒ねこびゅん


カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
検索ワードを入力
カテゴリー
リンク
スタッフ紹介
つぶやいてます
Twitterボタン
モバイル
qrcode
直近のブログ
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM