<< 象牙鍵盤漂白! | main | ▲灰鵐機璽繁榿屐 4/23 イェルク・デームス コンサートinショールームのご報告」 >>

)榿崛亜4/23 イェルク・デームス コンサートinショールームのご報告」 

JUGEMテーマ:ピアノ
JUGEMテーマ:クラシック音楽


去る4月23日、当店ショールームで
巨匠イェルク・デームスさんのコンサートを開催いたしました。

当店は道路沿いにある小さなお店で、
すぐ脇を車がビュンビュン通り、お店そのものも小さく、
ピアノ屋さんにしては珍しく、響きも全くない空間です。

それでもデームス先生はいつも、
「ペテロ(=当店代表の横山)の素敵なお店で弾こうじゃないか」
声を掛けてくださり、
これまでも、何度も何度も、お店で演奏してくださいました。

デームス先生はお店に到着され、
スタッフ皆と親しみに満ちた挨拶を交わされたあと、
一目散に本日演奏するピアノに向かわれました。


まずは、かつて自分が所有していたBluthner(ブリュートナー)Jubilee(ジュビリー)。
230cmの、豪華な装飾が施された、貴重なブリュートナー社創業50周年記念モデルです。
和音を奏でた瞬間、デームス先生もこの表情!!

「聴いたかね!まだ音が伸びている!
こんなに豊かな音色、こんなに豊かな響き!!
Bluthnerはやっぱり私のお気に入りだよ!最高だね!」





ブリュートナーの音色があまりに素晴らしく、それがとても嬉しかったようで、
今度は一言。

「ペテロ、写真を撮っておくれ。
ジュビリーの金色の部分と、私をしっかり両方写すように。」

「暗いので、カーテンを開けてピアノを動かさないと
金色が綺麗に写りません!ピアノと立ち位置を変えましょう」

カメラ好きの横山はより良い写真を撮ろうとデームス先生を説得するのですが、
なぜかこの立ち位置だけは断固として譲らず。


そして・・・デームス先生のオッケーが出るまで、けっこう何度も撮り直しました(笑)
もともとはご自身が所有されていたピアノで、ジュビリーの写真もたくさんお持ちなんですけどね!




弾いては横山と喋り、また弾いては喋り、
リハーサルといっても、かなりリラックスモードでした。



後ろにみえる客席は、全部で70席ちょうど。
猛スピードで予約が入り、本番1週間前には完売しました。



そしてもう一台は、Bluthner(ブリュートナー)の新品 190cm モデル6です。
「私も好きなモデルだよ」と、こちらも大変喜んでくださいました。
驚くような響きと、限りなく変化する豊かな音色を持つ、夢のようなピアノです。



本番前はとにかくリラックスされていて、
ひとしきり弾いたあとはずーーーっと横山とお喋り。

聞き耳を立ててみたところ、話している内容はほとんどピアノの話しでした。
横山も、デームス先生もお互いにピアノマニアなので、
ピアノの話はいくらしても尽きないようです。

大好きなフルーツを召し上がりながら、楽しそうに過ごされていました。



▲灰鵐機璽繁榿屐 4/23 イェルク・デームス コンサートinショールームのご報告」 へ続く

カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
検索ワードを入力
カテゴリー
リンク
スタッフ紹介
つぶやいてます
Twitterボタン
モバイル
qrcode
直近のブログ
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM