<< 念願のロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 公演へ!! | main | 再びイーヴォ・ポゴレリッチのリサイタルに行ってきました♪ >>

イーヴォ・ポゴレリッチのピアノリサイタルに行ってきました♪

JUGEMテーマ:ピアノ
JUGEMテーマ:クラシック音楽


初めてイーヴォ・ポゴレリッチ氏の演奏をCDで聴いたときの衝撃は、よく覚えています。
あれは忘れもしない深夜。
「眠れないし、何か聴こう」と思って、何も知らずに手にしたCDが、
ポゴレリッチ氏が演奏するショパンのスケルツォでした。



そこにあったのは、癒しでも、感動でもなく、
目の覚めるような驚愕のみ!!!
楽譜の中で初めてスポットライトを浴びたであろう音が終始浮き彫りにされ、
予想できない緩急のテンポ、極限のピアニッシモやフォルテッシモ、
無限の音色が魔法のように広がり、
目が回るような勢いで展開される未知の音楽芸術に、頭は混乱・興奮状態!!
結局朝まで眠れませんでした。

このような天才ポゴレリッチ氏に出会えたこと、
そして、同じ時代に生きている幸運に感謝しつつ、
生の演奏を聴ける機会をずっと心待ちにしていたのです!


昨日、行ってまいりました。
会場はミューザ川崎シンフォニーホール♪
こんな、天才ピアニストがきてくださるというのに、
会場が満席でないことにはかなり驚きました。

こちらが、今回のプログラムです。
---------------------------------------------------------
ショパン: ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 op.35 「葬送」
リスト: メフィスト・ワルツ第1番
ショパン: ノクターン ハ短調 op.48-1
リスト: ピアノ・ソナタ ロ短調
---------------------------------------------------------

そしてこちらが、現在のポゴレリッチ氏(1958年生まれ)。
ちなみに丸刈りの理由は、ヨーロッパの夏が年々暑くなり、
髪の毛を1日3回洗わなければならなくなったので、
音楽に集中する上で良くないと判断して選ばれた新ヘアスタイルなのだそうです。



初めて生でお目にかかるポゴレリッチ氏の姿。
ピアノのほうにゆったりと歩いて来られる姿は、巨匠の風格を漂わせていました。

深々とお辞儀をされた後、入念に椅子の高さを合わせているかと思いきや、
予想できない瞬間に突然始まった生演奏。
その一挙手一投足が、この世のものではない、何か特別なものに感じられました。

CDで聴いた、若いころのあの演奏とはまた違っていて、
より一層その芸術性を深め、ついには人間が到達してはならない
極みに達してしまったような、畏怖をも感じるような芸術の世界でした。

鍵盤を絹で撫でるような音色を奏でた次の瞬間には、
ピアノが半分に割れたかのようなフォルテッシモ。
かといって、単に強弱やスピード、テクニックで聴衆の興奮を高めるような類の演奏ではなく、
理解や共感の域をはるかに超えた、音楽芸術でした。
息をするのも忘れてしまうほどの、圧倒的な芸術を魅せつけられました。

すべての曲を終えた後、観客全員が息をのんで彼に注目する中、
ポゴレリッチ氏はゆっくりと椅子から立ち上がり・・・・
次の瞬間、椅子を足でチョチョッと蹴ってピアノの下にしまい込みました!!

これには、正直かなり驚いたのですが(笑)
同時に、この日初めて彼の普通の人っぽいところを見て、なんだかホッとしました。

演奏中は彼の音楽に没頭していて さほど気にならなかったのですが、
思い起こせば、この日の演奏はすべて暗譜ではなく、楽譜を見ながらの演奏。
しかも遠目でもわかるほどヨレヨレの楽譜だったために、
譜面台からずり落ちてしまうのではと、何度かハラハラさせられる瞬間がありました。
譜めくりの男性は、さぞかし肝が縮む思いだったことと思います。

また、ひとつの曲が終わると、ポゴレリッチ氏はそっと優しく楽譜を閉じるのですが、
次の瞬間には、その楽譜をピアノの下にバサッと投げ落とし、
今度は次の楽譜を、また丁寧に譜面台に広げます。
几帳面なのか、そうではないのか、一体どちらなのかと、
そんなしょうもないことにまで心をかき乱されながら・・・
それでも、このような何気ない1シーンにも、彼のプライベートな日常を
垣間見させて頂いたようで、とてもありがたい気持ちになりました。

さすがに、これだけの大曲を演奏されたあとは
アンコールはありませんでしたが、
この日、これ以上ない!というぐらい最高の座席で
彼の生の演奏に立ち会えたことに、幸せいっぱいでした。


カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
検索ワードを入力
カテゴリー
リンク
スタッフ紹介
つぶやいてます
Twitterボタン
モバイル
qrcode
直近のブログ
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM