<< 皆さまからの感動の声♪ (前編) | main | 大崎結真さん 待望の新CD録音の調律♪ >>

皆様からの感動の声♪ (後編)


皆様からの感動の声』 の後編です♪

■横浜市の 村上好 様が書いてくださったエッセイ
※掲載についてご承諾を頂いております。

イェルク・デームス ピアノ リサイタル

ウィーンにイェルク・デームスというピアニストがいる。1928年生まれだから
今年83歳になる。1956年ブゾーニ国際コンクールで優勝して以来、
世界各地で演奏活動を行っている。パドゥラ・スコダ、フリードリッヒ・グルダと共に
ウィーンのピアニスト三羽烏として令名を馳せてきた。


今年5月23日、横浜でデームスのリサイタルをきいた。会場は京浜急行上大岡駅
隣接する港南区民文化センターである。開場10分前の18時20分に入口に着くと、
既に40人位の人が並んでいた。最後尾につくと、私の後ろにも人が並び続け、
開場の時には100人を軽く超える人が列をなしていた。

私は四箇所の席に座ってみてピアニストの指の動きが一番見えやすい席を探し、
前から六列目、左から六番目の席に座った。余り前の席だとピアノが目線の上に
なって鍵盤が隠れてしまうのだ。


ステージの中央に置かれたグランドピアノは、世界四大ピアノメーカーのひとつ、
ドイツのブリュートナー社が創業50周年を記念して、1905年に製造した
ジュビリー・モデルである。かってウィーンのデームス邸にあったピアノである。
果たしてデームスはジュビリーからどんな音を奏でるのだろうか。開演までの
三十分間、わくわくした気分で今年107歳のピアノを見詰めていた。

開演十分前にはホールは観客で埋まった。開演前にアナウンスがあった。
「本日のリサイタルはライヴ録音を行いますので、ご配慮くださいますよう
お願いします」。普通開演前、ホールはざわざわした感じがあるものだが、
この夜は開演が近づくにつれて、満席の会場はざわめきが消えておごそかな
雰囲気に包まれた。

やがてホールのライトがゆっくりと照度を落としていき、スポットライトがステージを
明るく照らし始めた。ステージ左の袖から白髪のイェルク・デームスがゆっくり歩いて
出てきた。明らかに80を疾うに過ぎた老人である。靴は革靴というより、茶色の
カジュアルシューズに近い。


拍手を受けてピアノの前に座った。バッハ作曲パルティータ第一番「前奏曲」の
演奏が始まった。指が白く、長い。やわらかく、しかし芯のある音が、なめらかな
レガートで、たっぷり唄っている。私の1.3倍はありそうな長い指が鍵盤とさほど
離れていない位置を保ったまま、慈しむように鍵盤に触れ、踊っている。

余りの音の美しさに思わず目を閉じてきき入った。260年前に65歳で世を去った
バッハを、カバーを開けたグランドピアノの弦の上に呼び寄せているようだ。


肩、腕、手首、指、一切の力が抜けている。早いパッセージでも軽々と妙なる音色で
唄っていく。真後ろに本格的にピアノをやっているような中年女性が夫とおぼしき
男性と座っていた。「きれいな音だわねぇ」とため息をもらしている。


ベートーヴェン ピアノソナタ第17番『テンペスト』。中学生の頃から50歳位まで
よくきいていたベートーヴェンの曲を、重過ぎると感じてきかなくなって十年ほど過ぎ
ている。久し振りにきくベートーヴェン。この曲は多少モーツァルト的雰囲気がある。
デームスの演奏の音量が上がった。バッハ、モーツァルトと鍵盤の近傍に留まって
いた手の上下幅が大きくなった。力強く、男性的にピアノがうたう。低音部が美しい。

目を閉じて体を音に委ねた。まさにオーケストラの音量だ。小指にもしっかり筋肉が
ついていて堂々たる音が出る。そして、唄われた音が驚くほど力を維持したまま長く
伸びていく。日頃、私の先生から言われていることのすべてが完成している。

低音部のフォルテッシモも中音部、高音部の音量と、にくらしいほどバランスしていて、
美しいハーモニーになっている。83歳でもこんなに若々しくうたえるのだ。
ベートーヴェンってこんなに美しかったのか。第3楽章は高音部の主旋律が際立って
美しい。いつまでもきいていたい音楽。鍵盤上のデームスの指のダンスはイチローの
バット捌きのように見事だ。


手が痛くなるほど拍手をした。聴衆の喝采は鳴り止まず、デームスは舞台袖から
再び現れ、右手を胸に当て深々と頭を下げた。


リサイタルは、この後、ドビュッシー、フランクの曲が続き、興奮さめやらぬ聴衆の
拍手に応えて、3曲のアンールが演奏された。終ったのは9時20分を過ぎていた。
二時間半近くの熱演だった。終演後、多くの人が舞台近くに集まって、ジュビリーを
写真に収めていた。


このブリュートナー社製造のジュビリーは、普段は私が住んでいる横浜市旭区柏町
楽器店「ピアノクリニック ヨコヤマ」の店舗に置かれている。この店の横山社長が
デームスがオーストリア、フランスに所有している八十数台のピアノの調律をしている
関係で、数年前にデームスから譲り受けたピアノなのだ。かって一千万円余りの値段
がついていたが、今は非売品と標示されている。

演奏会の3日前、私は今回のリサイタルのチケットを買いに店に行き、ついでに
ジュビリーを弾かせて貰った。楽譜は持参していなかったが、ブルクミュラー第3番
の「パストラル(牧歌)」、第15番の「バラード」と、『バーナム ピアノ テクニック 3』
の四つの練習曲を20分ほど弾いた。驚くほど甘い音が出た。音も大きい。鍵盤は
今は禁止されている象牙で出来ていて、指の湿り気のため、指が鍵盤に吸い付く
感じがする。店員の人が、「昨日、デームスさんがこのピアノで練習されていました。
今夜は上野の東京文化会館でリサイタルです」と言っていた。

3日後の夜きいたジュビリーは、ほとんど全く違う音を出していた。弾き手が月と
スッポンの違いなのだから当然のことだ。それにしても、3日前に手に触れたピアノを
世界の巨匠と言われるアーティストの演奏できけたことは特別なことであり、幸せな
経験だ。生涯忘れられないコンサートになるだろう。

そして、もう一つの偶然は、3年前の夏、私が教わっている丹生谷佳惠先生門下の
ピアノ発表会が、この同じホールで開催されたことだ。この時私は58歳で、
生まれて初めて人前でピアノの音を出した。ピアノは何と、スタインウェイの
フルコンサートモデルだった。私はバッハの「メヌエット」を弾き、途中で間違えてしまい、
最後まで弾き終えることができなかった。辛い思い出である。


あれから既に3年が経過した。先生のすばらしい指導のもとに毎日練習に励んで
いるお陰で、今年7月の発表会では、6年間の努力の成果を発揮できるような気が
している。


私がデームスさんの年齢になるのは、あと22年後である。もし、その年齢まで
生かせて貰えるならば、デームスさんの百分の一のレベルまで到達したいと思う。

横山さんの店でジュビリーを借りて、ハイドンのピアノ ソナタ 第1番 ハ長調全曲を
演奏したい。デームスのリサイタル会場を後にした時生まれた、私の新しい夢である。

********************************************************
■神奈川県在住のピアニストA・N様から頂いたメール

先日は巨匠デムスさんの至芸をたっぷりと堪能いたしました。
と同時に、素晴らしい楽器と、素晴らしい技術者が揃ったとき、
楽器はピアニストの身体の一部と化し、ピアニストのタッチから
無限ともいえる微細な音のグラデーションが生まれ出ることを
目の当たりにし、大変貴重な体験でした。
コンサートでは、アンコールのシューベルトの即興曲が、
まるでリートを聴いているような、言葉が聴こえてくるような、
歌曲に造詣の深いデムスさんならではの演奏であり、
たいへん深い感銘を受けました。
もちろん、どのプログラムも大変充実した演奏だったのですが、
最後の最後にものすごいものを聴いてしまったという感じで、
しばし美しい余韻に浸っておりました。

ホールでお聴きして、ジュビリーが、本当に愛すべき銘器であることを
再認識しました。この豊穣な音色で奏でられる音楽を共有できる機会を
ぜひ作っていっていただきたいと思います。
また、スタインウェイ・ヤマハ一辺倒ではなく、さまざまなピアノでコンサート
を楽しめる時代になっていくと良いですね・・・。

アンケートを書く余裕がなかったのですが、感動のお礼を一言
申し上げたいと思い、メールさせていただきました。

********************************************************
その他、お葉書やお手紙をたくさん頂戴しました。
皆様本当に有難うございました。

また皆様と、極上のひとときをご一緒できます時を
心より楽しみにしております♪



カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
検索ワードを入力
カテゴリー
リンク
スタッフ紹介
つぶやいてます
Twitterボタン
モバイル
qrcode
直近のブログ
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM