<< tsukusan遠方出張中!! | main | 出張中のピアノ調整 >>

特別授業のご報告♪(中部楽器技術専門学校にて)

JUGEMテーマ:クラシック音楽
JUGEMテーマ:ピアノ

こんにちは。事務担当のnaotiです!

1月18日、中部楽器技術専門学校よりお招き頂きまして、
代表の横山が調律・調整の特別講義をさせて頂きました。

私は、プロジェクターでプレゼンテーションする際の
パソコン操作担当として同行してまいりました。



3月に卒業をひかえた聴講生・25人の真剣な眼差しを受け、
横山も講義に一層熱が入ります。



横山の想いはひとつ。

将来出会うであろう様々なピアノ技術に接した時、
頭を堅くしないで、その都度柔軟に吸収してほしい。
そして、世界で通用するピアノ技術者になってほしい。



学校で習うことが全てだと頭を堅くしていては、成長がありません。
日本で行われている調律と、ヨーロッパで行われている調律は異なります。
文化や食物に違いがあるのと同じです。

実際に、会場にあったヤマハGPを使って、
ヨーロッパで行われている調整を施してみます。


さすがは調律学校の生徒さん。反応が早い!!
それに、とても柔軟な生徒さんばかりです。

また、横山のピアノ技術の実演に、顔を見合わせて驚いたり、近寄って真剣に見入ったり、
唐突なオヤジギャグにも、優しく笑ってくださったり・・・
なんて素敵な生徒さんたち!!!

休憩込みで、約3時間にわたる講義と実演の後、皆さん一緒に記念撮影♪



さぁ終了。

かとおもいきや、ここからが始まりでした
なにやら講義室の一角に、生徒さんが集まっています!



近づいてみると・・・
真ん中に横山の工具!!

実はこの他にまだまだたくさん工具があって、重さは約30キロ! 
こんな工具カバンを毎日持ち歩いてるという事実に、
生徒さんも先生方もビックリの様子。



「触っても良いですか」
「コレは何に使う工具ですか」
「なぜこんな形なんですか」


あちこちから質問が飛んできます。

「これは、このように使うんですよ」
「このためにこんな形なんですよ」

ふたたび、解説と実演を始める横山。
さらに細かい調整を施し、変化を確かめてもらいます。



おおーーーッ
ほぉ〜〜〜!!


初めて見るヨーロッパ伝統の調整・調律に、生徒さんたちは驚きを隠せないご様子。
盛り上がっていると、さらに生徒さんが集まり、さらに質問が飛びます。



横山は、しみじみと言いました。

『中部楽器技術専門学校には素晴らしい先生がいらっしゃって、
素晴らしい設備が整っています。
このような環境で学べる生徒さんたちは本当に幸せだと思います。

何事も、基礎の土台がなければ応用はききません。
まずは、学校で習うことをしっかり学習すること。
それを、実務経験として体得すること。
そして、そのあとで、ヨーロッパ伝統の調律・調整にも是非取り組んで
頂きたいと思います』


ヨーロッパ伝統のピアノ調律・調整を、日本にも広げたい。
この想い一心で調律師人生を歩んできた横山ペテロから生徒さんたちへの、
願いを込めたメッセージでした。

最後に、皆さまにご紹介させて頂きます♪
今年4月より、こちらの学校から一人、ピアノクリニックヨコヤマの仲間入りしてくださる
小野友梨恵さんです♪



横山と同じく、管楽器をずっと演奏されてきた小野さん。
肺活量が多いためか、ハリのある良い声が出るところや、
とにかく音楽が好きでたまらない!といったところが、横山と似ている気がします♪

皆さん卒業まであと少し!
今回の講義と実演が、少しでも皆さまのお役に立つことができましたら
とても嬉しく思います。

先生方、生徒の皆さま、本当にありがとうございました。

カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
検索ワードを入力
カテゴリー
リンク
スタッフ紹介
つぶやいてます
Twitterボタン
モバイル
qrcode
直近のブログ
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM