<< ペトロフ調整中 | main | イェルク・デームスのコンサート調律 (静岡・東京にて) >>

飯田裕之先生のリサイタルに行ってきました!

JUGEMテーマ:クラシック音楽

皆様こんにちは!事務スタッフのnaotiです!
リシュモア音楽教室で声楽講師をしてくださっている飯田裕之先生が、
11月27日に、恒例のバリトンリサイタルを開催され、
シュモアスタッフ数名で行ってまいりました音譜

会場に到着すると、まだ開演前なのに既に歌声が・・・!!

何だろう?と、
舞台の方を見てビックリ!!

なんとなんと、
リシュモア音楽教室の声楽クラスの生徒さんが
舞台上で歌っているではありませんか!!!

「生徒さんが歌うって、知ってました?」
「ここは飯田先生のリサイタルの会場で間違いないですよね?」

予想外の光景に、私たちはとにかく驚き、
あたふたしながらも、生徒さんの歌声に聞き入ったのでした。

実はコレ、今回はじめて取り入れたプレ オープンコンサートで、
開演前の時間を少しでも楽しんで頂くために、
門下生(声楽家の卵たち)の歌を聴いていただこう!
という飯田先生の粋なはからいだったそうです。

よく見ると、ちゃんとプログラムがありました。
リシュモア音楽教室 声楽クラスの、川上智子さんと、原田知佳さんです。

 
素晴らしい企画だと思いました。生徒さんにとっても、
発表会とはまた違った大変貴重な舞台経験になったことと思います♪

そして本番です。
とても面白いプログラムでした。


こちらがプロフィールです。



驚いたのは、舞台上の飯田裕之先生が、
本当に、全くといって良い程、普段のままの飯田裕之先生だったことです。!!

正直なところ、舞台上では普段の飯田先生を封印され、
シュッとした感じで登場されるのだと想像しておりました。

とにかく喋る喋る!しかも面白い!!(笑)
バリトンリサイタルで、 「大爆笑」「うっとりするような歌」が交互に訪れるという、
他ではなかなか味わえない、This is Hiroyuki IIda !! という
サイタルを体験できました。

第1部の最後に歌われた アンドレア・シェニエより 「祖国の敵」は、
個人的にお気に入りの歌で、飯田先生が歌うのを聴けて感激しました。

また、今回初演となる 『ビビ物語』 も、本当に素晴らしかったです。
動物を家族のように愛して一緒に過ごした経験のある人なら誰でも、
必ず共感できる物語(歌)です。

会場には、それまでの大爆笑とうってかわって、
感動のすすり泣きがあちらこちらで上がっていました。

今回のリサイタルでは、この「ビビ」以外の伴奏は奥様である飯田麻衣子さんが
担当されました。優しい音色で伴奏され、
さすがに息もぴったりの演奏で、素晴らしかったです。

う一度、奥様の伴奏でも「ビビ」が聴いてみたいです♪

この日、プレオープンコンサートで歌ったリシュモアの生徒さんです。
(左)川上智子さん (中)飯田裕之先生 (右)原田知佳さん 

飯田麻衣子さんと、愛くるしいお嬢様も一緒に写メール♪
素敵なリサイタルを、有難うございました。来年も楽しみにしております♪


カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
検索ワードを入力
カテゴリー
リンク
スタッフ紹介
つぶやいてます
Twitterボタン
モバイル
qrcode
直近のブログ
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM