ペトロフ調律!

こんばんは!tsukusanですき

 

先日伺ったペトロフUPの調律ですDocomo107

ペトロフの創業者はエアバーかどこかのオーストリアのピアノ工場で

楽器制作を学んでいたような記憶がありますめがね

 

DSCF3868.JPG

 

なんとなく弾き心地と音が硬いな〜という印象を受けたので、

鍵盤の下のフェルト(正式にはフロントパンチングクロス)を別のものに取り換えました手

弾き心地や音色に関しては、ハンマーそのものの硬さのせいで硬く感じることもあるのですが、

この場合は単にハンマーに針を刺すよりも、このフェルトを交換したうえで針をさした方が良い結果が出そうだったので(というかサンプルで試したら良い結果だったので)、この判断ですひらめき

 

ハンマーに針を刺したり削ったりする事を整音と呼びますめがね

針を刺す=音を柔らかくするというイメージが一般的ですが、

実際に針を刺す目的はハンマーに弾力(クッション)を作ることにありますめがねき

トランポリンで高く飛び上がるには、全身を固めるよりもヒザの屈伸を使って体全体をバネのようにした方が良いのと原理は一緒です筋肉

音を柔らかくする整音ではなく、音を出す整音って感じでしょうかひらめき

音色がモコモコになってしまっていても、針を刺すことによってパーンという音にする事も出来るんです矢印上

基本的には音を抑えるよりは出す方向で整音はやるものなので、

「音が硬い→整音で柔らかく」

よりは

「音が硬い→鍵盤の下のフェルト交換→硬い成分が解決→音を出す方向で整音」

の方が今回は良かったわけです手

これらはケースバイケースなので、1台1台現場で判断しなければなりませんエリザベス

もちろん音が硬い原因が完全にハンマーにあるならば、整音で硬い成分を解決してあげることが必要ですめがね

 

さて、フェルトを交換すると鍵盤の深さを最初から調整しなければならないのですが、

音が良くなるに越したことはないのです矢印上

という事で鍵盤深さ調律(調律師用語で「あがき」)をやり直しましたエクステンション

鍵盤の深さは弾いていれば必ず変化するので、そんなに珍しい調整ではないですよ手

 

DSCF3869.JPG

 

左が元々ので、右が新しいものです星1

今回はレンナー社製に変えましたゆう★

もちろんドイツ製ピアノ

 

DSCF3870.JPG

 

DSCF3872.JPG

 

ペトロフの調律に伺うと必ず思うのですが、

赤と緑の使い方が絶妙で、普通外からは見えないピアノの中まで美しいんですゆう★

 

DSCF3873.JPG

 

どの角度から見てもオシャレな色づかいですねぴのこ:)

 

DSCF3874.JPG

 

甘〜い音色がちゃんと出たのでよかったですピアノ

 

DSCF3866.JPG


勉強会!

こんばんは!tsukusanですき

 

毎月恒例の技術勉強会の様子です矢印上

ピアノクリニックヨコヤマでは定期的に技術勉強会が開かれていますピアノ

調律中に発見した事などを共有し合ったりするわけですおかお(幸せ)

 

この日のテーマはダンパーが無いところ〜最高音部の調律エクステンション

と題して、横山も一緒に勉強会です手

 

ダンパーって何ぞやという方のために説明しますめがねき

 

DSCF3879.JPG

 

下の写真の弦の振動を止めているものがダンパーです星1

鍵盤を押すとその弦のダンパーが弦から離れる仕組みになっていますピアノ

ちなみに右のペダルを踏むとこれらが全部一斉に弦から離れますDocomo107

 

DSCF3884.JPG

 

弦が2本のダンパーはV字になっていますめがね

 

DSCF3885.JPG

 

高音へいくと弦が短くなり、音の減衰も早いのでダンパーが無くなりますエリザベス

ダンパーが無いという事は、他の音を鳴らした場合常に共振しているという事なので、

この部分の調律がうまくいっていると、全体の響きが格段によくなります筋肉

弾かないからといって調律しない調律師さんもいるという話を聞きますが、

それではいけませんゆう★

 

DSCF3883.JPG

 

DSCF3895.JPG

 

DSCF3887.JPG

 

順番に調律をしてはああだこうだ言いますゆう★

楽しい時間ですねonpu03

 

DSCF3893.JPG

 

最後にお店にあるCDから1枚選んでほんの少しだけ音楽鑑賞onpu03

このCDがなかなか絶品でした手

また後日紹介しますゆう★

tsukusanでしためがねびゅん

 

DSCF3896.JPG

 

JUGEMテーマ:調律


I'ts Sauter today!

こんばんは!tsukusanですき

 

今日は2件Sauter(ザウター)の調律でしたDocomo107

 

午前中のザウターですピアノ

 

夏の時期の湿気が多かったのでしょうか0口0

タッチが若干にぶい箇所があり、センターピン(関節部分)の動きが悪くなっていたのが原因でしためがね

まずセンターピン交換からスタートです筋肉

 

DSCF3690.JPG

 

DSCF3694.JPG

 

1990年頃のザウター手

新しいので中身もキレイですね〜ゆう★

(ドイツ製の場合27年前くらいの物は新古品扱いになりますめがねき

フロントピンとバランスピンを拭いていきますピアノ

 

DSCF3692.JPG

 

もちろんこの後、整調・整音・調律ですよ筋肉

 

DSCF3695.JPG

 

とにかく楽器が響いてくれるので、和室に置いていても気持ちよく弾くことが出来ますおかお(幸せ)

 

DSCF3696.JPG

 

午後のザウターですDocomo107

デザインがオシャレです星1

調整が大変で中身の写真が撮れませんでしたゆう★

 

DSCF3698.JPG

 

こちらのザウターもよく響いてくれますピアノ

午前中も小学生のお子さんが弾くピアノだったのですが、

小さいうちからこれだけ気持ち良い楽器で

弾いていたらピアノが好きになっちゃいますよねハート

 

よく親御さんからこういう話を伺いますめがね

「これなら辞めることはなかった」とDocomo107

日本製のピアノをしっかり調整した後にもよく耳にしますので、

もし機会がありましたら一度しっかり調整されることをオススメします(偉そうですみません)めがね汗

 

DSCF3700.JPG

 

妹さんも興味深々き

 

ザウターの隣にはテクニックスの電子オルガンonpu03

 

DSCF3705.JPG

 

DSCF3703.JPG

 

DSCF3701.JPG

 

お母様もピアノ(と声楽)をお弾きになるのですが、

「このザウターを弾いていて和音を鳴らすと教会のオルガンが聴こえてくるんです〜矢印上

 

ありがたいお言葉ですエクステンション

ちゃんと声の部分で調律してあげると

教会の中でのオルガンやコーラスのハーモニーが聴こえてくるんですよホントにめがね

 

How was the weather up there?

と聞かれたらtsukusan今日はこう答えますひらめき

 

It was Sauter today haha〜エリザベス

 

・・・海外の方にはウケると思います_| ̄|○

tsukusanでしためがねびゅん

 

 

JUGEMテーマ:調律


ラムネ救出!!

こんばんは!tsukusanですき

 

昨日の記事のラムネ救出エクステンション

 

S4を調律している最中にピアノの中にラムネを落としてしまったので拾ってほしいという連絡が入り、

帰り道でしたので、S4の調律後に拾いに伺いました筋肉

演奏中にラムネが響板の上で共振しても嫌ですし、

アクションの隙間に挟まってボロボロに砕け散っても嫌なので、

当日伺えてよかったですピアノ

 

恐らく鍵盤蓋の奥に落ちていて簡単に拾えるだろうと思っていたのですが・・・エリザベス

 

DSCF3680.JPG

 

鍵盤蓋を外し・・・

無いですねめがね

 

鍵盤の下やアクションの隙間にも・・・

無いですねめがね汗

 

DSCF3679.JPG

 

DSCF3684.JPG

 

鉄骨の下の響板の上にも見当たりません_| ̄|○

 

DSCF3683.JPG

 

目ではどうやっても見えない位置に入ってしまったのかもしれないと、

鍵盤が入るスペースの奥にケータイを突っ込んで、さらに奥を撮影・・・ひらめき

 

iPhoneImage.png

 

ありましたエリザベス

 

結局色々な部品を外し・・・

 

DSCF3678.JPG

 

DSCF3675.JPG

 

無事に救出することができました手

ラムネも寂しい思いをしていた事でしょうめがね

 

DSCF3681.JPG

 

これで安心して弾けますね手

ラムネ救出でしたonpu03

 

JUGEMテーマ:ピアノ

JUGEMテーマ:調律

 


1日都内で!

こんばんは!tsukusanですき

 

今日は朝から都内で調律でした矢印上

 

まずはブリュートナーUPモデルAの初回無料調律です手

加湿器と除湿器完備のお部屋で状態は良好でしたピアノ

残響も多く、音を鳴らすとホールの中というか、

森の中で音が広がっていくような印象を受けましたonpu03

説明している自分の声にも楽器が反応して響いてくれますピアノ

 

ではでは例によって掃除から筋肉

 

DSCF3660.JPG

 

新品なのでピカピカですき

美しいですねピアノ

 

DSCF3661.JPG

 

鍵盤の深さを調整しますピアノ

調律師用語では「あがき」ですDocomo107

なぜあがきかはわかりませんっエリザベス

 

DSCF3662.JPG

 

鍵盤の下のクッションになるフェルトの下にある紙を出し入れしていきますonpu03

 

DSCF3663.JPG

 

DSCF3664.JPG

 

下の写真の左から

緑→0.125

赤→0.175

青→0.300

白→0.350

単位はミリですエクステンション

 

DSCF3666.JPG

 

深さが違うと弾き心地はもちろん音もかなり変わりますめがね

同じ深さでも、紙の組み合わせが違うとこれまた音が変わるので、

音を聴きながら紙を出し入れしますおかお(幸せ)

0.125ミリの紙の出し入れでも音が変わるということは、

当然弾き方を変えても音が変わってくれるという事になりますひらめき

紙だけでなくクッションのフェルトの素材でも相当変わりますピアノ

 

ちなみにtsukusanつい前、お店で下のケースをぶちまけましためがねき

整頓するのに苦労しました_| ̄|○

 

DSCF3665.JPG

 

お部屋をライトアップするとこんな感じですき

たまらんですねめがねうらやましいめがね

 

DSCF3669.JPG

 

DSCF3668.JPG

 

弾いていて幸せになるのはもちろんですが、

調律していても「調律師になって良かったわ〜」と幸せになれる楽器です矢印上

 

2件目はヤマハS4の調律ピアノ

ヤマハの高級機種らしい風格がありましたが、

何よりも防音室の豪華な床材には驚きましたゆう★

これまたうらやましいエリザベス

許可を得て写真撮ればよかったですゆう★

今回は上で紹介した鍵盤の下のクッションのフェルトをドイツ製のものに交換して、

「あがき」を見直しました手

ヤマハはこの部品(正式にはフロントパンチングクロス)を交換するとかなり良くなりますねゆう★

 

S4の調律が終了後、ラムネを救出しに行きましたエリザベス

「・・・ラムネ?」となると思いますが、後日書きますねめがねびゅん

 

 

JUGEMテーマ:調律

 


ピアノの音域

こんばんは!tsukusanですき

 

古めのヤマハUPの調律ですピアノ

製造番号が2万台なので、残響がとてもあるピアノですゆう★

これは弾いていて楽しいですねゆう★

ちなみにヤマハの場合は製造番号が1万番がちょうど昭和元年製造らしいですエリザベス

以前当店でヤマハの2千番台のものを修理したのですが、詳しいデータが残っていませんでした_| ̄|○

 

今日はお店の近くのお客様だったので、その前に修理ピアノの作業を少し進めることができました手

 

DSCF3649.JPG

 

YAMAHAの文字が今のとなんとなく違いますねピアノ

 

DSCF3646.JPG

 

最初に伺った際に虫喰いの被害にあったいたフェルトはレンナー製に交換してあるのでキレイですね矢印上

 

DSCF3644.JPG

 

鍵盤下のほこりの掃除をしますエクステンション

 

DSCF3647.JPG

 

・・・上の写真で何かお気づきですか?

ヒントの写真です黒ねこ

 

DSCF3648.JPG

 

正解は・・・

鍵盤の一番上の音がラで終わっていることめがねき

昔の時代のピアノは一番上がラで終わっていて鍵盤の数は85鍵Docomo107

最低音がラなので最高音もラ・・・こう考えると自然ですねひらめき

「もっと高い音(もしくは低い音)を出せる楽器が欲しいエクステンション」という各時代の作曲家からの要望があり当時の楽器製作者が努力した結果、ピアノの音域が広がってきて最終的に今の88鍵に落ち着いていますピアノ

同じ時代でも国によっては高音に広がり、別の国では低音に広がり・・・なんて事もあったんでしょうピアノ

いや〜ロマンですねめがねき

 

ここでお知らせエクステンション

5月にチェコフィルハーモニーの団員によるピアニストのための公開レッスンを当店ショールームで開催いたしますおかお(幸せ)

ヴァイオリンとチェロの方をお招きして、ピアノトリオなどからアンサンブルにおけるピアニストの役割などをレッスンして頂きます手

弦の国チェコと言われるチェコフィルメンバーのレッスンを間近で聴けるなんて夢のようですめがねき

これから受講生の方を募集しますonpu03

詳しくは近日中にお知らせしますねゆう★

 

JUGEMテーマ:調律


冬場の湿気

JUGEMテーマ:調律

こんばんは!tsukusanですき

 

寒いですねゆう★

 

今日は午前中に横浜市内の音楽教室のピアノの調律に行ってきましたDocomo107

 

「最近弾いていると伸びたまんまの音があるんです」

 

・・・それは大変だめがね汗

 

DSCF3642.JPG

 

となりまして、とりあえずダンパーをチェックすると

 

DSCF3643.JPG

 

DSCF3639.JPG

 

むむむめがね

 

 

DSCF3640.JPG

 

ガイドレールクロス(この赤いフェルトです)が湿気で膨張していました0口0

 

この時期に湿気が多い症状が起こるという事は、予想できるのはお部屋の急激な温度変化ですね(ガスファンヒーターなどが原因になる場合もあります)泣き

夜や朝の時間にお部屋の気温が下がると、ピアノの中の主に金属部分(弦・フレームなど)がキンキンに冷えるんですエリザベスどれくらい冷えてるのか試しに触ってみてくださいエリザベス

その状態で急に温度を上げると、ピアノの外側と内側の温度差によって結露するんです(もちろん水滴がしたたるほどではないですが・・・)汗

この乾燥の時期に一気に湿度が上がり、暖まってくると今度は一気に下がる、これが毎日続くとピアノには大変よくないのです_| ̄|○

ではそうすればいいのかというと、ゆっくり温度を上げるDocomo107

まず最初の設定温度を暖房の一番低い温度にして、早く暖まってほしい気持ちを抑えて30分から1時間くらいしてから普段の温度に設定Docomo107

この方法でかなり改善されますゆう★

最初は面倒に感じますが、冬場のピアノ状態はかなり良くなりますよおかお(幸せ)

この方法を実践されたお客様からは、体調も良くなったとのお声も聞きます筋肉

ピアノも人も急激な変化には何かしらのダメージがあるのでしょうねめがね汗

そういえば、ピアノが過乾燥しないように加湿器を置くことはすごく良い事なのですが、

結果的に「風邪をひかなくなった、肌が荒れなくなった」など身体にも良い事が起こります矢印上

人が快適と感じる環境はピアノにも快適なんですピアノテッテテーンめがねき

 

・・・さて、「伸びたままの音が今日はソで昨日はドでって感じで動いていくんです。不思議ですね〜」と言われ、

これは全てのダンパーが黄色信号という事で一度低音も含めて全部外して

ダンパーワイヤーの入る穴を広げて元に戻します筋肉

 

ダンパーの動きが良くなったおかげでタッチもかなり弾きやすくなりましたし、

もちろん音も良くなりましたおかお(幸せ)

 

毎日かなり寒いですね_| ̄|○

風邪などひかないよう気をつけましょうエクステンション

 


出張調律!西宮市!

こんばんは!tsukusanです!(◎_◎;)
高濃度炭酸泉、良かったです( ̄▽ ̄)
さて、今日は夙川駅近くでザウターアップライトです!
鍵盤の傾きと高さを直して、深さの調整後、整音と調律です!もちろん掃除もやりました!とにかく残響が長く、音に包まれているような気分になれるピアノです!金管楽器で言うところの、トゥッティのようなド派手な音からホルンのような柔らかい音まで出せる個性のあるザウターでした!
調律してる部屋の中はかなり暖かく、冷房を入れるくらいでしたが、関東では雪が降っていたみたいですね!(◎_◎;)
今日横浜に戻り、明後日開催のルドヴィート・カンタさんのチェロコンサートの準備です!

出張調律!神戸!

こんばんは!tsukusanです!(◎_◎;)
今日は神戸市内でスタインウェイのグランドピアノです!スタインウェイ多いですね!(◎_◎;)
約1年前に1日調整をしたので、今回は全体の微調整です!
最初に伺った時には声の成分が全く出ていなく右手のメロディーラインから上も全然響かない状態で、そこから1日調整で声が出るようになり、低音から最高音まで響くようになりました。声が出る状態で弾いて頂いていたおかげか、今回の調律でさらに太い音が出るようになり、スタインウェイらしい倍音もかなり出てきました!
ちゃんと声が出るように調整・調律された状態で弾いていくと、よりピアノが歌うようになってくれますね!
歌手の人が突然歌が上手くなったりする事を花という意味のドイツ語、Blumenって言ったりするらしいです!また、才能が開花するなんて言いますが、これもドイツ語ではentfaltenといって、つぼみが開くなんて意味もあるんです!英語もflowerやbloom、blossom。表現は万国共通ですね!
今日は神戸ポートタワーホテルに泊まります!なななんと高濃度炭酸泉の大浴場があるそうで!(◎_◎;)
明日は西宮市で調律です!

出張調律!岡山!

こんばんは!tsukusanです!(◎_◎;)
今日は岡山県倉敷市の清音駅でカワイのグランドピアノの調律!その後、岡山大学付近でヤマハグランドピアノです!

カワイは最初弾くとカタカタカタという音が!(◎_◎;)
専門用語でいうところのベッティングが浮いてるという状態でした!鍵盤の下にある板と、さらにその下にある棚板という板の間に不要な隙間が空いていて、それが原因でカタカタ鳴っていたようでした!
ベッティングスクリューを回して調整して、鍵盤深さを見直します!
ヤマハグランドピアノは先日調律中に低音弦が切れて張り直した音のみの調律です。いわゆるピッチ上げというやつです!新しい弦は張った後、割とすぐに狂ってしまうため、その後すぐの調律が必要です!
中学1年生の男の子が弾くピアノで、1ヶ月前に初めて当店から調律に伺ったのですが、早くも先生から「自分の出してる音をよく聴いて弾くようになったね」と言われたそうです!自分の出してる音を聴くなんて当たり前じゃないかとなるんですが、これが案外難しいんです!(◎_◎;)
例えばピアニスト達は、弾く環境やピアノが変わった時に左右のペダリングを変えたりタッチを変えたりして、それぞれの音楽を表現します。家ではこう弾いてるから、あるいはここでソフトペダルを踏むから、といって他の会場やピアノで同じことをしても同じ音にはなりません。
タッチによって音色がちゃんと反応してくれるピアノで練習していると音をよく聴くようになり、結果こういった能力が身に付きやすくなりますし、1発勝負のコンクールなどでも、戸惑う事なく弾けるのではないかと思います。小さい子でも無意識のうちに身に付いていきますし、単音をタッチを変えて弾く「明るい音暗い音遊び」なんて事をされてた5歳くらいのお子さんもいました。こうなったら上達は早いですし、今度はトランペットやヴァイオリンみたいな音を出す遊びをしてみてほしいですね!

今日は岡山駅近くに泊まり、明日は神戸市です!

カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
検索ワードを入力
カテゴリー
リンク
スタッフ紹介
つぶやいてます
Twitterボタン
モバイル
qrcode
直近のブログ
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM