今世紀初の特注Bluthner(ブリュートナー)フルコンサートグランド!!

JUGEMテーマ:ピアノ

 

昨年夏ごろだったでしょうか。

代表の横山ペテロが、Bluthner モデル1 フルコンサートグランド

の発注をしたとき、ブリュートナー社長は言いました。

 

「Bluthnerフルコンサートグランドの、ウォルナットの、しかも艶消しは

我々にとって初めての挑戦だ!!!」

 

創業150年以上になるわけですから、創業以来初かどうかは定かではありません。

けれども、少なくとも今世紀初となるのは間違いないようです。

 

一応、今年8月到着予定ではありましたが、

なんとなく8月完成は厳しそうな模様・・・

 

一番奥が、シーズニング中のモデル1です。

自然の環境の中でねかせて、木が自然に変化してくれるのをただひたすら待つのです。

 

 

ここまでくるのに、何か月かかったことか。

バラバラだった木材が、こんな風にピアノの形になって・・・

 

 

だんだんと、見覚えのある形になっていき・・・

 

 

でもズームアップしてみると、

内リム、響板、柱などを貼り合わせた端は、木材がはみ出てでこぼこ。

 

 

ムキムキマッチョのピアノ技術者たちが3人掛かりで

汗吹き出しながら、渾身の力で、端を綺麗に仕上げているところです。

 

 

実は、右側の緑の機械には、回転している刃物がついています。

大きな台の上で、ピアノ本体を3人で滑らせながら、

回転している刃物で端をそぎ落としていきます。

ものすごい力が必要なだけでなく、非常に危険な作業です。

 

 

ほらこのとおり!ツルツルに仕上がりました。

これで外リムをつけられます。

 

 

 

思い起こせば、モデル10がはじめて入荷したとき、その響きのすばらしさに、

感動で胸が打ち震えました。

 

モデル6が初めて入荷したとき、信じ難いほどの極上の響きと

豊かな音色の変化に、ここは天国かと思いました。

 

モデル4が初めて入荷したとき、あまりの驚きで声も出ませんでした。

もはやピアノではなく、オーケストラでした。

響き、音色、その全てが「ピアノ」を超えていました。

 

フルコンサートグランドというのは、どのメーカーもそうだと思いますが

そのメーカーの全てが凝縮された、最高のモデルです。

 

いままで以上の感動、今まで以上の、宇宙スケールの感動が存在するとしたら、

それは、どんな度肝を抜くような音色なのでしょうか。。。

 

指折り数えて、を待つ日々です。

(グランドピアノは、男性名詞だそうです。

でもアップライトピアノは、女性じゃなく、中性名詞だそうです・・・

ドイツ語ハードル高っ!!)

 

ピアノクリニックヨコヤマWEB


現在、当店調律師 塩田が関西方面出張中です!

JUGEMテーマ:調律

 

こんにちは! naotiです!

事前にWEBでお知らせするはずが・・・うっかりしておりました!

 

今まさに、当店ピアノ調律師の塩田勇太が、関西方面の調律に伺っております。

滋賀県からはじまり、大阪府松原市、兵庫県西宮市、芦屋市、神戸市、京都、奈良など

あちこちまわっているところです!!

 

ちなみにこの写真、当店WEBのスタッフ紹介の写真と異なりますが・・

実はプロのカメラマンに撮影して頂いたのです!

この時(リンクをご覧ください♪)に、どさくさに紛れて!

あぁ。。私も撮ってもらうんだった・・・と、心の底から後悔したのを覚えております。

 

 

話は戻って・・・

6月13日からは、調律師の只木瑠真が、東北方面の調律に伺います。

福島県、新潟、秋田、岩手、宮城などをまわり、帰りに群馬県高崎市でラストの仕事をして

戻る予定です♪♪

 

 

そういえば・・・

ピアノ技術者にとって、出張中の空き時間の楽しみといえば、ご当地グルメ♪♪

いつだったか、スタッフの誰かが話していました。

 

以前津久井も、大阪でたこ焼きを食べて、関東のたこ焼きと別物!!と大感激しておりました。

横山も、「出汁につけて食べるたこやきが絶品だった」(⇒たこ焼きでなく、明石焼きです)と

熱く語っていたことがありました。

 

フレンドリーな大阪の人たちと電車内でおしゃべりして、仲良くなったり、

通りすがりのおばあちゃんに、重そうなスーツケースをみて中身を尋ねられたり・・・

横浜ではなかなか体験できないことが地元ではたくさんあるらしく、

それがまた、とても新鮮で面白いらしく・・・

出張経験のない私には、とても羨ましい話でした。

 

このような体験ができるのも、日本全国に、私共の音作りを必要としてくださっているお客様が

いらっしゃるからこそです!!

本当に、本当に、有難いことです。m(_ _)m

 

今回も遠方各地で、お客様と、お客様の大切なピアノたちに会えるのを

二人とも心から楽しみにしています!!

 

横浜から遠方にお住まいで、まだ当店の調律をお試しになったことがなく、

うちは遠いから無理よね・・・と諦めていらっしゃる方、

是非一度お問合せください♪

 

ピアノクリニックヨコヤマWEB


遠方の出張調律についてご案内

JUGEMテーマ:調律

 

いまさら自己紹介するのも変なのですが・・・

初めてご覧頂く方がいらっしゃることを願って、念のため自己紹介です!

 

ピアノクリニックヨコヤマは、横浜市郊外の南万騎が原という駅からすぐのところにある、

小さなピアノショールームです。

ピアノ修理、調律、買取り、防音室、運送など、ピアノの事なら何でも承っているお店です。

ショールームには、日本ではなかなか目にすることのない様々な一流メーカーのピアノ

(ヨーロッパでの認知度・人気ともに高いにも関わらず日本ではあまり知られていないメーカー等)を

常に展示しており、週末になるといつも、遠方各地からご来店頂いております。

 

とくにピアノ調律・調整では世界的にも高い評価を頂き、

小さなお店ながら、世界四大メーカーのブリュートナー社から任命を受けて

ブリュートナーの日本輸入総代理店も任されています。

 

日本の調律学校で教わる音の聴き方・やり方ではなく、

ヨーロッパで伝統的に行われている音の聴き方・ピアノ技術でもって

ピアノを調整・調律しています。

 

見違えるように、タッチによって音色を変えられるようになり、

音が気持ちよく伸び、ふくらみが出て、まったく別のピアノのように

歌い始めます。同じピアノが、調整・調律でここまで違うの?!と

最初は皆様驚かれます。

 

本当に、全くといっていいほど、

出てくる音が違います。

 

この調律を求めて、私共は全国からお客様のご依頼を受け、

年に何度か全国各地に出張して、本場ヨーロッパの音色をお届けしております。

 

これまで、とくにWEB掲載したことはなかったのですが、

「どんな風に、年に何回来られて、どうやって申し込めば良いのですか?」

というお問合せが増えてきたため、

当店の遠方調律についてご案内させていただきます。

 

実はちょうど今、3週間ほどの遠方調律(九州〜中四国〜関西〜愛知)に

お伺いしているところで、もうすぐ戻ってまいります。

 

遠方出張の1か月前ぐらいに、このようなお葉書を

ご希望のお客様&いつもお伺いしている皆様にお送りしています。

 

 

お客様からご希望日程のお電話を頂き、

それに基づいて、日程を組んでいきます。

 

出張料は、各地でまとめて調律にお伺いすることで、一律(九州でも北海道でも)

¥8,000を頂いております。

詳しい技術料金はこちらをご覧ください⇒ピアノクリニックヨコヤマ技術料金表

ただし、コンサートなどで一人のお客様のためだけにお伺いする場合は

交通費、宿泊費の実費を頂いおります。

 

もう少し早くこのご案内を出せばよかったのですが、

次回からは、毎回ハガキを送るのと同時に

このお葉書を掲載するようにしたいと思います。

 

実は今回もそうするつもりだったのですが、

すっかり忘れておりました。

 

事前にご連絡先をお伺いできましたら、

お葉書を発送しますので、ご希望の方はご連絡いただければと思います。

 

今回の遠方出張は津久井がお伺いしましたが、

代表の横山がお伺いすることもございます。

 

遠方各地の皆様と素敵な音色との出会いを楽しみにしております♪

お気軽にお問合せください。

 

ピアノクリニックヨコヤマWEB

 


急遽決定!斎藤龍さんミニコンサート

 

 

急遽決定エクステンション斎藤龍さんミニコンサート
 
明後日10月8日(日)16時
当店音楽教室にて
人気ピアニストピアノ斎藤龍さんのミニコンサート(無料)が急遽決定いたしましたエクステンション


プログラムは
 
ベートーヴェン:
ピアノソナタ第32番 ハ短調 op.111

シューベルト:
ピアノソナタ第21番 変ロ長調 D960
 
です。
どちらも両作曲家が最後に遺したピアノソナタで、集大成ともいえる大作ですき
無料での開催となりますので、ぜひぜひお越しください。
ご予定が空いている方はラッキーですエクステンション

 

 
■斎藤龍 ミニコンサート
日時:2017年10月8日(日)16時開演(15時半開場)
会場:ピアノクリニックヨコヤマ修理工房 ・リシュモア音楽教室1F
横浜市旭区柏町96-6
(相鉄いずみ野線 南万騎が原駅より徒歩4分)
 
入場料:無料(ご予約不要)
 
使用ピアノ:スタインウェイ フルコンサートグランドピアノ

 
------------------------------------------------------------------
ちなみに・・・
ピアノクリニックヨコヤマが今年開催するコンサート、イベント情報は
当店WEBで公開しております。
突然現れるイベントもありますので、たまに見にいらしてください♪


ピアノクリニックヨコヤマの調律研修生とは♪

JUGEMテーマ:調律

 

思い起こせば、今までこのような場で紹介させて頂いたことがありませんでした。

お問合せを頂いた方だけにご案内してまいりました。

 

・どこの調律学校に行くべきか迷っている

・入学した調律学校に不満がある

・調律学校を卒業したが就職できない

などなど、調律師になりたい若者たち!!にお読み頂けたらと思います。

 

ピアノクリニックヨコヤマでは、

「当店で調律師として働きたい!」「でも採用レベルに至らない!」という方のために

技術研修生の受け入れを行っています。ピアノ

どなたでも♪というわけではなく、当店の実技試験と面接に合格された方が対象です。

 

様々な業務に実際に関わっていく中で、OJT(仕事を通じてトレーニングする育成方法)のように技術を学んで頂くことが出来ます。

調律学校ですと技術を学ぶのに授業料がかかりますが、授業料は頂いておりません。

もちろん当店からの給与もございません汗

 

アルバイトをしながら研修生として頑張る方もいらっしゃれば、筋肉

貯金を切り崩しながら、研修生に専念される方、ピアノ

ご両親の援助で、学生の延長として研修生をされる方など、おかお(幸せ)

年齢や境遇によって、取り組み方は様々です。

 

研修生の一番のメリットは、実際の業務を体験する中で学びますので、

机上の学びでなく、実際の生きた技術を学べることです。

個々のお宅で弾き込まれたピアノは、教材としてあてがわれたピアノとは全く別ものです。

 

調律学校を卒業したからといって、すぐに調律師として活躍できるかというと

それは限りなく"無理”に近い話と思っておいた方が良いと思います0口0

それは他のあらゆる仕事も同じだと思いますが、

技術職なのでなおさら、そう簡単にはいかないものです。

 

調律師として実際に仕事ができるようになるか否かは、

卒業後、いかに努力できるかにかかっています。

そういった場を、技術研修生受け入れという形で提供させて頂いているのです。

 

実際、研修生から当店の社員になれるのか。

 

もちろん、研修生から正社員に昇格して、今も当店技術者として在籍しているスタッフは居ります。

けれども、そのようなケースは極めて少ないです。_| ̄|○

実際、ピアノ技術者の仕事はかなりの体力、精神力、忍耐力が必要で、

非常に厳しい仕事です。ゆう★

ですので、大体すぐにやめてしまわれるのです。ショボン

 

以前、有名なバランスエンジニア(大雑把な表現で申し訳ないですが、録音に携わる職の中で頂点の仕事をされる人)

の方とお話する機会があり、彼も同じことを話されていました。

専門学校でわざわざ音響関連を学んだ若者たちを毎年50名近く採用して、

5年後も残っている人が1人いたらいい方なのだそうです。Docomo_kao8

 

技術というのは、ひたすら練習を積んで、身体、五感に叩き込んでいくものです。

なかなか身につくものではなく、いつまでたってもうまくならない気がして

多くの人は道半ばで諦めてしまわれるのです。

その気持ちもよく理解できる程、本当に厳しい世界です。エリザベス

 

ですから、当店でも、採用できるレベルに至るまで頑張れる人が殆どいらっしゃいませんでした。

当店が求める技術レベルは、とても高いです。にじ

当店のお客様が求められているレベルが非常に高いからです。

 

代表の横山がそうだったように、真のピアノ技術者として多くのお客様に喜んでいただける

技術をものにするためには、時には何かを捨てたり、犠牲にしたりしてでも

人生をかけて、なりふり構わず一途にやっていこうという覚悟がなければ

なかなか難しいと思います。(→横山の辿った道のりをほんの少し垣間見ることが出来る

ブログはこちら

 

中には、「今やっている仕事の他に、念のため手に職を付けておいた方が良いと思って・・・」と、

片手間に調律を学ぼうとされる方もいらっしゃいます。

けれども、正直なところ、

技術職というのは、片手間に身につけられるほど生易しいものではありません。

 

中には、せっかく厳しい試練を乗り越えて社員になっても、

すぐにやめてしまう人もいらっしゃいました。

社員になっても、すぐに調律の仕事に行かせてもらえるわけではないからです。

そういう厳しい世界です。Docomo_kao20

 

技術の習得というのは、2年や3年でできるものではありません。

当店代表の横山は、23歳で調律師になりましたが、50歳半ばを過ぎた今でも、常に学ぶ姿勢を持ち続けています。

生涯、学ぶ気持ちを持ち続けるだけの情熱がなければ、真の技術者とは言えないのかもしれません。

技術の習得には終わりがないのです。

 

自分が技術者という仕事に向いているかどうか、

まずはそこを見極めてから、飛び込んだ方が良いです。手

 

・音楽を愛する熱い想いがありますか? ← ※これがいちばん重要!※

・人並み以上の体力はありますか?

・人並み以上の精神力、忍耐力はありますか?

・仕事にロマンを求めますか?

・全てをなげうってでも技術をがむしゃらに学びたいという情熱がありますか

 

もうひとつ、正直なところをお話しますと・・・

調律学校で1年や2年学んだところで、実務では使えない!ぐらいに

覚悟されておいた方が良いと思います。

 

例外はあります。

大手楽器店が母体の調律学校の場合は、唯一、

・必要な授業時間がしっかり確保されている

・自社で採用する人材を本気で育てているので必要な教育をきちんとしてくれる

ということもあり、運営母体の楽器店で働くのに必要な技術は学べます。

実際、運営母体の楽器店で就職できれば、すぐに調律師としてのスタートを切ることが出来ます。

 

ただし、ピアノクリニックヨコヤマのスタッフが持ち合わせているような、

建築でいう「宮大工」のような技術を身につけようと思ったら、

横山のように、ピアノの伝統があるヨーロッパの工房などで本場の技術者に学ぶなど

調律学校卒業後、実際に調律師として働くようになった後にも

何十年もかけて学び、練習を重ね、研鑽を積んで身につけるしかありません。

 

ましてや、調律学校の社会人コース等に通って片手間で調律師になって活躍しよう!と思われている方が

いらっしゃったら、それは少々甘い話かもしれないと、頭の片隅に疑問符を持っておかれた方が

良いかもしれません。

美容師でも、左官でも、寿司職人でも、他のどんな技術であっても、

片手間で、短期間にラクラク習得できる技術というのを聞いたことがありません。

調律も同じで、あくまでも、趣味レベルで、ピアノの中まで触れるようになる(触っても壊すようなことはなくなる!)

ぐらいに思っておかれた方が、後々になって落胆されることがないと思います。

 

さて・・・

世の中には多くの調律学校があります。

 

設備だけ立派であるものの、あまりにも授業時間が少なく、授業内容も驚くほどお粗末で、

挙句の果てに講師は実務経験がなく、そこの調律学校を卒業してすぐに先生になっている先生ばかりという

驚くべき学校が多く存在することも事実です。

 

大金を支払って、人生の貴重な2年間、一体何を学べたのかと

問いたくなるような悲惨な現状にも、沢山接してきました。

どんな高級食材を使っても、調理技術がなければマズイ料理になるのと同じで、

どんな設備が立派で、校舎がしっかりしていても、教える講師が未熟では意味がありません。

調律学校は、設備ありきではありません。ひらめき

どんな先生(技術者)に教えてもらえるのか。そこに尽きます。設備は二の次です。ひらめきき

 

また、一般企業への就職とは違って、技術職は技術があれば就職できます。

「○○調律学校卒業」という学歴は重要ではありません。

「○○さんという技術者のもとで3年修行をしました」の方が、実際強い傾向があります。

 

ちなみに当店で通用するのは、

「本場ヨーロッパから帰国された音楽家にご満足頂ける技術を持つ技術者」です。

それさえあれば、どこの調律学校を卒業されたか、どんな師匠について学んできたか等の経歴は全く関係ありません。

 

最後に、当店が受け入れている調律研修生は、学生とは違います。

「さぁ皆さん、こんどはハンマーを削りますよ!こちらに見に来てください〜」

と学校のように教えてもらえると思っていたら、それは100%ナイです!!

能動的に動いて、自分でみにきて、マネをして、自由に学んでください!手

という場所です。

 

ここは職場で、みんな仕事をしています。

学生気分のままで来てしまうと、そこを勘違いして、「なにも教えてもらえない」「ヒドイ!」_| ̄|○

なんていうことになってしまいます。

 

どんなに普段優しい津久井(当店技術主任)でさえ、

「おいでおいで♪今から張弦やるよ」なんて声を掛けてくれません。

積極的に学ぼうとしなければ、目の前にある宝の山のような知識と技術に気付きもしないまま、

終わってしまいます。

 

必死に学びたい一心で、必死に頑張っていれば、そのうち技術者が

「コレもやってみるか」と、新たなステップへと引き上げてくれるように

自然となっていくものです。ハート

 

そんな・・・厳しい世界に飛び込む勇気のある若者を

私たちは待っています!!ゆう★ 

 

調律研修生に興味のある方、まずは一度、

当店に遊びにいらしてください(要予約です!)♪

 

ピアノクリニックヨコヤマWEB


当店に新しい調律研修生を迎えました!

JUGEMテーマ:調律

 

この夏、熱い研修生を迎えることになりました。

ご紹介させてください!!

7月28日から、当店で調律研修生として頑張ることになった

大山英樹(おおやまひでき)です!

 

 

当店の社員になることを目指して、修行スタートしました。

もともと一部上場企業で仕事をしていましたが、7年目にして一念発起。

それまでのキャリアをなげうって調律学校へ飛び込みました。

 

卒業後は調律師として4年務めたものの、本物の技術を習得したいと35歳を目前に再び勇断。

2017年7月27日、当店の調律研修生になりました。

 

クラシックをはじめ様々な音楽を愛する一見おっとり系の青年ですが、

目標に向かって何をも恐れることなく勇猛果敢に突き進む姿は、戦国武将さながら。

経験者であっても、当店では技術者としてゼロからのスタートになります。

持ち前の不屈の精神で、ヨーロッパ伝統のピアノ技術を身につけてくれることと思います!

修理工房などで見かけた折には、どうぞ温かいご声援をお願いします♪

 

【経歴】
愛知県出身
2001年 トヨタ車体株式会社入社
2008年 同社を退職し、中部楽器技術専門学校入学
2010年 卒業後、東京の調律会社で調律師としての経験を積む
2015年 調律会社を退職し、他業界で別の職に就く
2017年7月 ピアノクリニックヨコヤマヨコヤマの技術研修生として修業スタート

 

【大山から皆様へひとこと】
このたびピアノクリニックヨコヤマで技術を学ぶ機会を与えて頂き
幸せを感じています。技術、知識ともに学んでいくことは沢山ありますが、
一つ一つ吸収し、お客様に信頼して頂ける調律師を目指し日々精進していきます。

 

ちなみに・・・

当店スタッフの紹介も、時間の経過とともに更新しております。

もしご興味がありましたら・・・当店スタッフのご紹介はコチラ

 

***************************************************

さて、ここで・・・調律研修生って何?と思われた皆様!

次回ブログで、この制度について改めてご紹介します!

 

ピアノクリニックヨコヤマWEB

 


いよいよ明日!イエルク・デームス ベートーヴェンピアノソナタ第31番レクチャーコンサート!!

こんばんは!tsukusanですき

 

いよいよ明日Docomo107

きイエルク・デームス ベートーヴェンピアノソナタ第31番レクチャーコンサートき

 

2017.4.22-2demusチラシ WEB用完成.jpg

 

いや〜楽しみですね〜ゆう★

 

現在ショールームでは会場作りのためにピアノを運送屋さんに運んで頂いているところです筋肉

 

DSC01275.JPG

 

ラップで丁寧にぐるぐる巻いていますゆう★

 

DSC01280.JPG

 

DSC01283.JPG

 

DSC01286.JPG

 

普段はピアノで一杯になっているショールームが、

イベントの時だけはすっからかんになりますひらめき

 

もちろん当日はお客様で埋め尽くされますエクステンション

 

通訳は毎年夏にデームス氏の別荘で行われるマスタークラスでも通訳を務めている大井美佳さんです手

 

世界の巨匠によるベートーヴェンピアノソナタのレクチャーonpu03

こんな機会はめったにありません0口0

どんなレクチャーになるのか、tsukusanもワクワクしていますめがねき

このレクチャーを聞けば、ベートーヴェンの他の作品はもちろん、

すべての作曲家の音楽がより楽しめるようになるのではないかと思いますピアノ

 

以前バッハ平均律レクチャーの際にも、後日お客様より、

「自分はピアノは弾くより聴くことの方が圧倒的に多いのだけれど、バッハのレクチャーを聴いてから音楽を聴くのが以前よりもずっと面白くなり、聴き飽きていてもう聴かないであろうと思っていたCDが今は面白くて仕方がない!」

というお声を頂きましたおかお(幸せ)

 

音楽は演奏するのも楽しいですが、聴くのももちろん楽しいですよねぴのこ:)

それがさらに深いところで楽しめるようになるかもしれませんピアノ

 

色々なご予定があるとは思いますが、

この機会を逃すと次はいつになるかわかりませんよっエクステンション

 

・・・tsukusan熱くなってしまいましためがね汗

 

明日のレクチャーのチケットは残りわずかですが、

まだございますエクステンション

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、開演前までにご連絡くださいonpu03

 

0120−747−442

(有)ピアノクリニックヨコヤマまでご連絡くださいき

 

一人でも多くの方にこのような貴重なレクチャーを聴いて頂ければと思いますエクステンション

 

ではでは明日、お待ちしておりますエクステンション

 

 

JUGEMテーマ:ピアノ

 

 

 

 


調律師になるには・・・

こんばんは!tsukusanですき

 

先日お客様より「調律師ってどうやったらなれるんですか?」というご質問を頂きましたDocomo107

 

ピアノ調律師さん小説「羊と鋼の森」の影響か、よくこのご質問を聞かれるようになった気がしますめがね

しかもこの「羊と鋼の森」、2018年に映画化されるそうでさて、そうなったらよりたくさん聞かれそうですねおかお(幸せ)

 

さて、調律師になるにはまず専門学校に入りますピアノ

一般的な専門学校は2年間、メーカーの専門学校は1年間通うことになりますDocomo107

これらの学校を卒業して、どこかの楽器店なり工房に就職というのが一般的な調律師への道です手

 

学校へ入ると、まずは部品の名前と道具の名前を覚えることから始まり(入学前に資料が渡されて事前に覚える場合もあります)、ピアノの開け方から練習しますゆう★

 

そして調律の基礎中の基礎であり、そして最も奥が深いユニゾン(同じ音の弦同士を合わせる工程で、調律師はユニゾンから始まりユニゾンに終わると言ったりします)から学びます星1

 

タッチの調整のためのメカニックの調整なども学ぶのですが、調律と一緒でとにかく地味な作業をひたすら反復練習して体に覚え込ませます筋肉

 

そして最終的にはある程度音が狂ったピアノを決められた時間で調律するという試験をクリアすれば卒業ですめがね

 

よくお客様から聞かれるのは「学校出たら1人前なんですか?」ですが、

そうではありません0口0

 

他の職種、例えば料理人(調理師)の専門学校に通って卒業したとして、その人はすぐに自分のお店を持って1人前に仕事をすることは出来るでしょうか?

美容師などもそうですねめがね

美容院に入ってから最初はずっとシャンプーで慣れてきたらブロー、カットまでの道のりは短くはないものだと思います_| ̄|○

これと同じで調律師も学校で学ぶものは基礎中の基礎で、学校を卒業してようやくスタート地点に立つ資格が得られるという感じですめがね

 

あと、「小さい頃からピアノを長く習っている」とか「音大のピアノ科を出ている」という事は調律学校で基礎を学ぶ上ではほとんどアドバンテージにはなりませんゆう★

もちろん上手に弾けるに越したことはありませんが、学び始めのうちは特に演奏することと調律することは全く別のジャンルなんだなと思ったことを覚えていますめがね

 

そして何よりも1番大切なことはピアノと音楽が好きなことDocomo107

手に職系の仕事は大体共通していると思うのですが、結局ここにたどり着きます手

楽しいことばかりではなく、つまらない単純作業もありますし、上手くいかない時もたくさんありますが、

そんな時間を楽しめるかどうかが大事だと思いますし、楽しいと感じるのであればその人は調律師に向いているという事になるでしょうひらめき

 

調律師になろうか迷っている人は、専門学校に足を運んだり実際に調律師さんに会って話を聞いたりするといいですよゆう★

調律に伺った際にはご遠慮なく何でも聞いてくださいねonpu03

 

tsukusanでしためがねき

 

JUGEMテーマ:調律


Ich bin in オーストリア

こんばんは!tsukusanですき

 

着々とビデオレコーディングが進んでいます矢印上

 

クラヴィコードではバッハですピアノ

 

このクラヴィコードもなかなか苦労しましたゆう★

 

クラヴィコードは打鍵の強さで音量だけではなく音程も変化するので良い勉強になりました手

 

DSCF3435.JPG

 

そしてブリュートナーですonpu03

 

DSCF3464.JPG

 

ブリュートナーではデームス氏自作の曲ひらめき

なんか嬉しいですねonpu03

デームス氏もご機嫌ですゆう★

 

DSCF3466.JPG

 

DSCF3470.JPG

 

録音技師さんは相変わらず外で編集作業を進めていますエリザベス

 

DSCF3477.JPG


アルゲリッチ!!

こんばんは!tsukusanですき

 

先日お店で作業中にアルゲリッチの話題になり、

オススメのCD発見しました矢印上

 

シューマンのファンタジーですピアノ

これを聴いてアルゲリッチのイメージががらりと変わりましためがね汗

 

アルゲリッチのシューマンファンタジーは、完全にオーケストラですねonpu03

団員はもちろん、聴いていると指揮者まで見えてきますゆう★

 

また調律も素晴らしいぴのこ:)

調律師さんにも是非聴いて頂きたいCDですね手

 

そういえば、以前調律のお客様と「中古CD屋さんに行った時にどんなCDを買うか」についての話で盛り上がりましたひらめき

tsukusanはピアノのCDを買う場合には、もちろん好きなピアニストや作曲家でも探すのですが、大事な要素がもう1つエクステンション

ジャケットの裏面を見て、

調律師さんの名前が入っているかを確認しますゆう★

あるいはピアノの年代が入っているかも見ますピアノ

これらが記載されていると、良い音の録音の確立が高いような気がしますにじ

 

パスカル・ロジェやスティーブン・ハフのCDはどれも素晴らしい調律で録音されていますき

是非聴いてみてください矢印上

 

DSCF3913.JPG

 

DSCF3914.JPG

 

JUGEMテーマ:ピアノ